スキーのチューンナップはどのくらいの頻度でやれば良い?

スキーのチューンナップはどのくらいの頻度でやれば良い?

スキーのチューンナップはどのくらいの頻度でやれば良い? スキー板は、使用すると痛みが発生します。
具体的には、エッジが丸くなったり、滑走面にケバ立ちができたり、石を踏むなどしてエッジや滑走面に傷ができたりします。
いずれも、スムーズに滑ることができなくなりますし、放置するとエッジの錆や滑走面の酸化から滑走性能が低下してしまいます。
それを防ぐために、スキー板のチューンナップが必要です。
チューンナップの頻度は、1シーズンにどれくらい滑るのかや、どのように板を使用するかによって変わりますが、シーズン前とシーズン終了後に行うことで、滑走性能の低下を防ぐ効果は期待できます。
滑る回数が多い場合やレース等に使用する場合には、シーズン中にもチューンナップを行うことで、より良好な状態で滑走を楽しむことができるようになります。
自分で行うことが難しければ、スキー用品店等でも請け負っています。
自己流で行うとかえって板を傷めてしまうこともあるので、専門家に依頼した方が安全です。
必要な回数のチューンナップを行わないままでいると、ひどい場合には、ワックスを塗った程度では間に合わないほど滑走性能を低下させてしまうこともあり、スキー板の寿命を縮めてしまうこともあるので、必要回数きちんと実施することが大切です。

スキーのチューンナップの料金はいくら?

スキーのチューンナップの料金はいくら? スキーのチューンナップはお店によりコースを設けていて、その料金もまちまちです。
だいたい1万円以内でチューンナップすることができますが、プロ並みにスキー板をカスタマイズするとなるとお値段は跳ね上がります。
また、時期によって料金に違いが出ることもあります。
特別料金で何千円かお得になることがあります。
お得にしたいのであれば1月から3月のシーズン中ではなく、4月から12月のシーズンオフの時期に安くやっていないか探してみてください。
全部丁寧にやってもらうのではなく、簡易セットコースを頼むという手もあります。
例えばエッジ研磨や汚れ落としといった基本のみにするなどです。
また、できるところは自分でやり、どうしても自分でできないところのみお願いするという手もあります。ワックスや仕上げを自分でやってもかまいません。ただ、そうしたことが面倒であればセットで頼んだほうがいいでしょう。
セットコースにしても通常コースであれば1万円を超えるようなところはありません。あったとしてもそれはスペシャルコースです。
スキー板を1回でダメにして翌年うまく滑れなくなりまた新しく買い直すよりは、きちんとメンテナンスしたほうがはるかに安く済みます。また、チューンナップしていくうちに自分に馴染むスキー板にもなっていきます。

おすすめレンタルスキー用品リンク

使う人のレベルに合わせた3つのプランでレンタルできるお得なサイト

スキー用品のレンタルなら