抗がん剤の治療などの副作用で、脱毛が起こることがあります。
女性は特に精神的なストレスが多くかかってしまうこともありますし、外出しづらくなってしまったり、お見舞いの人にも会いたくないという気持ちになることもあります。
そこで医療用かつらを用意しておくことがおすすめです。
ちなみに、今はかなり色々な種類が出ていますので、オシャレを楽しむことができるような作りになっているものもあります。
トップにボリュームが出せる物もおすすめです。

トップにボリュームが出せる医療用かつら

トップにボリュームが出せる医療用かつら 医療用かつらの需要は高まっています。抗がん剤の治療を行う事で、脱毛などの副作用が起こります。
そこでかつらを準備される方も多いのですが、最近の医療用かつらはとても進歩していて、オシャレな感じの作りの物も多く出ています。
ショートヘアでしたら、特にオススメなのがトップにボリュームが出せるタイプのかつらです。セットもしやすいですし、若々しい雰囲気になります。
脱毛が起こってしまうことで、女性は特にショックを受けてしまったりして、引きこもりがちになることもあります。
今まで通りおしゃれを楽しむことができるようなかつらを用意すると、気持ち的にも上がります。
医療用かつらでもヘアスタイルは色々ありますので、自分に似合うものを選んでいきましょう。

医療用かつらとお洒落ウィッグとの大きな違いは?

医療用かつらとお洒落ウィッグとの大きな違いは? かつら(ウィッグ)には、医療用とお洒落用があります。
医療用かつらは、頭をケガして、治療のために髪の毛を剃らなければならなくなったり、抗がん剤により治療によって髪の毛が抜けてしまった場合に使うためのもので、お洒落ウィッグとは基本的な目的が異なります。
医療用かつらは、非常に丁寧に作られいます。そのため自然な仕上がりでパッと見た感じがかつらであることが分かりにくく作られています。
また、ネットが柔らかいので着け心地が良かったり、通気性が良いので蒸れにくかったりなど、色々な工夫が施されているものが多いです。
ただ、患者さん一人ひとりに合わせて、髪を1本1本手で植えていくので、出来上がるまでに時間がかかることが多く、費用も3万円前後から40万円前後と幅があります。
これに対してお洒落ウィッグは、お洒落を目的に作られています。ファッション性やスタイルを重視して作られており、製造は手植えではなく、多くの場合機械で作られています。
そのため大量生産が可能で、価格も安く抑えられています。
格安なお洒落ウィッグになると、医療用かつらに比べるとネットの素材が粗い傾向があり、髪質も人工的で違和感があることが少なくありません。

医療用かつらに関する情報リンク

医療用かつら・ウィッグ専門店のサイト

高品質な医療用かつら